クラウド採算管理ソフト | Pace(ペース)

Paceが利用される
実際の作業シーン

SCENE
Web制作会社

Web制作会社

Webデザイナー、コーダー等

Paceを利用することで...

ホームページ制作時のプロジェクト単位でリアルタイムな採算管理が可能となるため、制作メンバー一人一人の作業中の意識カイゼンに繋がります。
特にWebデザイナーやWebディレクターなどの専門職の場合は営業職などと違い、数値評価をしづらいため、評価制度の一つとしてもご活用いただけます。

システム開発会社

システム開発会社

プログラマー、SE等

Paceを利用することで...

システム開発時のプロジェクト単位でリアルタイムな採算管理が可能となるため、開発メンバー一人一人の作業中の意識カイゼンに繋がります。

特にシステムエンジニア、プログラマーなどの専門職の場合は営業職などと違い、数値評価をしづらいため、評価制度の一つとしてもご活用いただけます。

企画会社

企画会社

コピーライター、ディレクター等

Paceを利用することで...

企画を伴う案件進行時のプロジェクト単位でリアルタイムな採算管理が可能となるため、プロジェクトメンバー一人一人の作業中の意識カイゼンに繋がります。
特にコピーライター、ディレクターなどの専門職の場合は営業職などと違い、数値評価をしづらいため、評価制度の一つとしてもご活用いただけます。

広告代理店

広告代理店

プランナー等

Paceを利用することで...

広告代理店の場合、外注による制作が多いため、案件単位での「粗利」で評価するケースが多いですが、実際社内の工数としてもどれくらいかかっているのかを見える化することで、正確な採算管理が可能になります。

印刷会社

印刷会社

営業、オペレーター等

Paceを利用することで...

印刷会社の場合、用紙代などの原価を管理した「粗利」管理が多いですが、各案件ごとにオペレーターがどれくらい稼動をしているのか、実際の社内の工数も見える化することで、工程ごとの分析など、案件単位での正確な採算管理が可能になります。

コンサルティング会社

コンサルティング会社

コンサルタント等

Paceを利用することで...

コンサルティング会社の場合、外注費などの原価が発生するケースが少なく、主にコンサルタントの方の稼動がそのまま各案件における原価となります。粗利率が高いビジネスだからこそ、実際の稼動状況を踏まえた採算管理をすることで、社内評価の一つとして見ることもできるようになります。

人材会社

人材会社

人材コンサルタント、営業等

Paceを利用することで...

人材紹介や人材派遣の会社の場合、応募者との面談や紹介先との商談や同席など、案件ごとの採算が把握しづらいケースが多いです。
Paceの日報を使うことで、顧客ごと、案件ごと(例えば、募集している職種ごとなどで分ける)での工程別の人件費の集計を行うことができるようになるため、より正確な採算管理が可能になります。

士業

士業

税理士、弁護士、司法書士、行政書士、弁理士、土地家屋調査市、社会保険労務士等

Paceを利用することで...

士業の場合、事務的な作業を行うアシスタント社員がいるケースも多く、その人達が行っている事務作業に対して、日報を活用することで正確な採算管理が可能になります。特に士業の場合、契約単位での作業範囲が不明瞭になりがちであるため、案件ごとの採算を把握することで、クライアントに対して、提供作業範囲を明確にしたり、作業ごとの料金の見直しなどにも活用できます。

建設会社

建設会社

現場管理、設計等

Paceを利用することで...

建設会社の場合、案件ごとの直接原価は管理されているケースが多いのですが、実態としては本社に戻ってきた際の該当する案件に対して行った作業などは計算されていないケースがあります。日報を活用することで、その作業分までの工事原価を把握することで、実態に即した採算管理をすることが可能になります。

建築会社/注文住宅、リフォーム、塗装等

建築会社/注文住宅、リフォーム、塗装等

営業、施工管理等

Paceを利用することで...

案件獲得に対して、粗利の何%を歩合給としている会社も多い建築会社ですが、案件単位での粗利計算では、売上から材料費や職人の外注費などの原価だけが引かれた状態で計算されているケースが多いです。しかし、実際その案件を獲得~遂行するにあたってかかった営業マンの工数分まで集計することで、本当の案件単位での採算管理が可能になり、歩合給の設定などにも役立てることができます。

塾

教師、事務職等

Paceを利用することで...

日々の業務に対して、本来取り組むべき授業の準備などの時間をどれだけ確保しているかを把握できます。それにより、業務全体の見直しに活用することでき、塾運営全体の採算を改善することに繋がります。

Paceはどの業界でも
ご活用いただけます。

正確な採算をリアルタイムに把握することで、
次取るべきアクションを変えることができ、
今以上に利益の確保に繋げられるようになります。

Paceはどの業界でもご活用いただけます。