クラウド採算管理ソフト | Pace(ペース)

FEATURES

日報を集計し、案件ごとの採算をリアルタイムで表示

採算管理

日報を集計し、
案件ごとの採算をリアルタイムで表示

メンバーからの日々の日報を基に、全案件の稼動状況を集計し、案件別での採算をリアルタイムで表示します。常に最新の採算状況を把握し、いま必要なアクションを取ることで、会社から赤字仕事を無くしましょう。

  • メンバーごとに時間単価を設定可能
  • 時間単価は期間ごとにも管理ができ、長期プロジェクトも正確な採算管理が可能
いつもの日報提出をより簡単に、有意義に

日報管理

いつもの日報提出を
より簡単に、有意義に

案件ごと、顧客ごとに作業時間を入力可能な日報機能が備わっています。
いつものように作業終わりに日報を出すだけで、作業時間が集計され、リアルタイムで採算管理が行われます。日報提出フローを大きく変える必要はありません。

  • 明日の予定や備考を入力する自由記述欄も用意
  • 日にちごと、メンバーごとの日報一覧の表示にも対応
  • 日報送信時、管理者のメールアドレスに通知を送信可能
二重管理により、請求漏れ、二重請求を回避

案件管理

二重管理により、
請求漏れ、二重請求を回避

契約書(発注書)単位で、案件管理を行うことができます。今お使いの見積もり書・請求書発行システムとの二重管理を行うことで、請求漏れや二重請求などのヒューマンエラーを防げます。

  • CSVを用いて案件の一括登録・編集が可能
  • 案件ごとに受注状況、進捗状況などのステータスも指定できる
  • 顧客管理、原価管理、支払先管理にも対応
自動更新にも対応、ミスの無い管理体制に

定額請求管理

自動更新にも対応、
ミスの無い管理体制に

案件管理において、定期請求も管理できます。月単位、年単位での管理ができ、自動更新も付いていますので、次回契約更新時の更新漏れを防ぎます。

作業単位の見える化が、価格や現場の改善につながる

区分別管理

作業単位の見える化が、
価格や現場の改善につながる

作業の効率化、価格の適正化を進めるためには、採算管理はもちろん、作業単位での時間の見える化も大切です。複数サービスがある場合の作業区分、工程別区分など、区分別に情報を入力することで、より解像度の高い分析が可能になります。

リアルタイムで分析できるから、次のアクションに迷わない

分析機能

リアルタイムで分析できるから、
次のアクションに迷わない

顧客別、案件区分別などの分析を、ソフトウェア上で一度に閲覧できます。日報に基づいたデータが自動で生成されるため、面倒な集計作業は必要ありません。CSVダウンロードで、お使いのExcelやBIツールでの分析にもご活用いただけます。

  • 顧客別、案件区分別などの営業利益や利益率を自動で生成
  • データは全てCSVダウンロードが可能
  • 分析項目は今後随時追加予定

Paceのすべての機能を
無料で30日間お試しいただけます。

まずは無料で30日間体験してみる
Paceダッシュボード画像